振り飛車ドットコム

振り飛車の情報を載せます。中飛車、三間飛車、向かい飛車、四間飛車、相振り飛車

中飛車 相振り飛車 木村高美濃

中飛車はとても人気の高い戦法の一つで、

得意戦法として持っている方も多いと思います。

それは勝ちやすい、攻めやすい、形が好き(自分がそうw)などなど、様々な理由があるでしょう。

 

相手が居飛車で戦う対抗形は勝ちやすくて良いんだけど、相手も飛車を振ってくる相振り飛車(特に三間飛車)になった時が嫌で指さなくなったこともあったりなかったり。

 

中飛車穴熊とか左玉があるじゃんと思う方もいるでしょうが、正直な所、指しこなすのが難しかったりします。

 

自分もその一人で、中飛車での相振り飛車に絶望していた時期が長く続いていました。

 

振り飛車だと守勢になることが多いので、こっちから攻める展開になればいいのになぁと思っていた時、ある戦型をたまたま見つけて試してみた所、とても苦手だった三間飛車相手に、すごく指しやすくて勝ちやすく、やばい戦型を見つけてしまったと一人で感動していました。

 

この戦型を共有して、中飛車党の皆で成長させたい思いでこの記事を書きます。

なのでこの記事を見て指して欲しい&感想が欲しいですw

 

前置きが長くなりましたが、戦型名はこちらです。

中央制圧力戦相相振り飛車

小林健二九段が考案されたみたいです。電子書籍があります。

https://book.mynavi.jp/shogi/products/detail/id=68055

この戦型を使用して5戦5勝で勝率100%と書いてました。すごすぎます。

 

こんな形です。

f:id:furibisya:20190630174121p:plain

中央制圧力戦相振り飛車

 

簡単に言うと5筋位取り + 6六角 + 木村美濃 + そして最も特徴的なのが5六金

 

狙いは「端攻め」もしくは「抑え込み」。

 

画像は高美濃囲いですが、電子書籍では相手が金無双の場合や穴熊の場合も取り扱っています。

 

この戦型の良いところを挙げると

・方針が守りを固めて端攻めを狙うので分かりやすい

中飛車穴熊や左玉が有名なので、相手からすると未知の戦型となりやすく、自分の土俵で戦える事が非常に多い

・4七銀が3筋交換を防いでいる(一直線に3筋交換に来られた場合は防げません。)

 

逆に悪いところは

・中央制圧に駒を割いているので、玉周りが薄い

・マイナー戦型なので、情報が無く、基本的に自分で何とかするしかない。

動画はyoutubeのアゲアゲ将棋実況チャンネルさんで1つだけ有りました。

・勝率が100%だったにも関わらず、プロ棋士の対局では使われているのを見たことが無い。つまり、どうしようもない局面・対策があるのかもしれない。

 

当ブログではこの戦型をメインに取り扱おうと思っていますのでこの記事を先頭に置いています。

 

また、電子書籍では三間飛車のみを取り扱っていますので、四間飛車や向かい飛車(相中飛車は使えるか微妙かもです)相手の実戦譜も載せていきます。

まだ研究段階ですが、四間飛車相手の場合は5六銀型が良さそうです。

 

後、中央制圧力戦相振り飛車は長くて言いづらいので、この戦型を

「木村高美濃」と勝手に命名し、記事を書いていきます。

 

夢ではないですが、将棋ウォーズで木村高美濃のエフェクトが出る日が来ると良いなぁ。

 

ではでは。

vs三間飛車 木村高美濃の本領発揮!

先手中飛車 対 三間飛車


▲5六歩 △3四歩 ▲5八飛 △3二飛 ▲4八銀 △5二金左
▲4六歩 △3五歩 ▲4七銀 △6二玉 ▲5五歩 △3四飛
▲6八金 △6四歩 ▲5七金 △6三金 ▲5六金 △4二銀
▲7六歩 △3三角 ▲3八金 △7二銀 ▲9六歩 △9四歩
▲6六角 △7一玉 ▲4九玉 △8二玉 ▲3九玉 △7四歩
▲2八玉 △7三桂 ▲6八銀 △6五歩 ▲5七角 △4四歩
▲7七銀 △4三銀 ▲8六銀 △8四歩 ▲7七桂 △8三銀
▲9五歩 △同 歩 ▲同 香 △9四歩 ▲同 香 △同 銀
▲9八飛 △8三銀 ▲9五歩 △5四歩 ▲同 歩 △同 銀
▲5五歩 △4三銀 ▲7五歩 △同 歩 ▲同 角 △5一角
▲6五桂 △同 桂 ▲同 金 △7四歩 ▲5七角 △6四歩
▲6六金 △7二金 ▲5六金 △3三桂 ▲7六桂 △7三金上
▲7五歩 △同 歩 ▲同 銀 △7四歩 ▲8四銀 △同 銀
▲同 桂 △同 金 ▲同 角 △同 角 ▲9四歩 △9五香
▲9三歩成 △同 香 ▲8五銀 △8三歩 ▲8四銀 △同 歩
▲6一角 △7二銀 ▲4三角成 △9八香成 ▲3四馬 △8八飛
▲2一飛 △8三玉 ▲9一飛成 △9四玉 ▲9五歩 △8五玉
▲8六金

 

将棋盤

 0

 

理想的な展開からの勝利になった一局ですね!

守りを固めて開戦。すべての駒が捌けて気持ちがいいです笑

f:id:furibisya:20190715005637p:plain

端攻め炸裂

中盤の指し回しが難しかったですが何とか食らいつき・・・

f:id:furibisya:20190715010045p:plain

詰めろ銀取り

9八香成で飛車を取ると8三金 9一玉 9二歩 8一玉 7二角成の5手詰めです。

7二銀で受けましたが4三銀と取った手が飛車に当たってますのでキツそう。

しっかり詰みまで持っていき勝利となりました。

 

f:id:furibisya:20190715010505p:plain

無傷で勝利

こっちの玉は無傷で完封することができました!

この戦法すごいわ。

 

ではでは。

vs先手四間飛車 後手三間飛車から木村高美濃へシフトチェンジ

今回は四間飛車 対 三間飛車から木村高美濃に変身


先手:四間飛車
後手:木村高美濃
▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲7八銀 △3二飛
▲6八飛 △4二銀 ▲4八玉 △5四歩 ▲3八玉 △5三銀
▲2八玉 △5二飛 ▲3八銀 △7二銀 ▲7七銀 △5五歩
▲5八金左 △5四銀 ▲4六歩 △6四歩 ▲4七金 △6三銀上
▲6六歩 △7二金 ▲9六歩 △6一玉 ▲1六歩 △3三角
▲7五歩 △7一玉 ▲7六銀 △8二玉 ▲6五歩 △6二飛
▲6四歩 △同 銀 ▲7七桂 △5一金 ▲6五歩 △5三銀
▲6七飛 △1四歩 ▲7九角 △4二角 ▲5六歩 △同 歩
▲同 金 △5五歩 ▲5七金 △3三桂 ▲4七金 △6四歩
▲同 歩 △同 銀 ▲6五歩 △7五銀 ▲同 銀 △同 角
▲6六銀 △8四角 ▲3六歩 △7八銀 ▲6八飛 △7九銀不成
▲6七飛 △7八角 ▲5七飛 △6六角 ▲5八飛 △6七角成
▲6四歩 △5八馬 ▲同 金 △7七角成 ▲5三角 △8八飛
▲6二角成 △同金上 ▲9八飛 △同飛成 ▲同 香 △8八飛
▲7五飛 △6六馬 ▲7九飛 △5八飛成 ▲4八銀 △同 馬
▲同 金 △同 龍 ▲3七角 △3九角 ▲2七玉 △2八金
▲同 角 △同角成 ▲同 玉 △5七角 ▲4七金 △3九銀
▲2七玉 △2八金 ▲1七玉 △3八龍 ▲2五歩 △2七龍

108手目で先手玉が詰みとなり勝利しました。 

 

将棋盤

 0

 

後手番では三間飛車で指しているのですが、

お相手が四間飛車での相振りに構えましたので

チャレンジで木村高美濃に組み替えてみました。

6筋の攻撃を凌いでから相手が高美濃に組んだところで反撃を開始します。

f:id:furibisya:20190714165325p:plain

反撃開始!

銀を交換してから、あの急所へと打ち込みが成功しました。

f:id:furibisya:20190714165638p:plain

激痛の銀打ち

うっかりではありますが決定打ですね!ここから一気に相手の陣形を崩し、勝利となりました。

三間飛車から木村高美濃へのシフトを試みてみましたがいい感じかもしれないですねー。

 

木村高美濃やってみてわかるんですが、あまりこちらから端攻めにいける展開は少なそうです。結局受けてから反撃っていう展開になりますね。でも指しやすい形で反撃できる点はこの戦型の良いところです。

 

もっと練習あるのみですね!

 

ではでは。

vs後手四間飛車(中飛車に振り直し)

先手中飛車 対 後手四間飛車


▲5六歩 △3四歩 ▲5八飛 △4二飛 ▲6八銀 △5二金左
▲5七銀 △6二玉 ▲3八銀 △7二銀 ▲4八玉 △7一玉
▲3九玉 △4四歩 ▲7六歩 △3二銀 ▲5五歩 △4三銀
▲5六銀 △6四歩 ▲9六歩 △9四歩 ▲4六歩 △6三金
▲4七銀上 △8二玉 ▲3八金 △7四歩 ▲6六角 △7三桂
▲7七桂 △5二飛 ▲8六歩 △3三桂 ▲8五歩 △4五歩
▲同 歩 △5四歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲5五銀 △同 銀
▲同 角 △5七歩 ▲同 飛 △4五桂 ▲5六飛 △5五角
▲6六銀 △同 角 ▲2八玉 △5六飛 ▲同 銀 △3七桂成
▲同 桂 △5七角成 ▲4七銀 △4六歩 ▲5八金 △同 馬
▲同 銀 △5九飛 ▲3六角 △2九金

 

将棋盤

 0

 

 

木村高美濃惨敗・・・

 

順調に木村高美濃に組みましたが、

後手は中飛車に振り直し、4五歩と仕掛けてきました。

f:id:furibisya:20190714143356p:plain

4五歩から開戦

△5四歩 ▲同 歩 △同 銀で次の手が思いつきませんでした。

f:id:furibisya:20190714143502p:plain

次の手は?

 

検討してみますとじっと2八玉が良かったみたいです。

思い切って銀をぶつけてみましたが悪手でそこからずるずると負けでした。

そこまでの評価値はこちらが微妙に有利になっていたので指しこなせばいける形ですね。構想を考えるのが難しい・・・

もっと守りに意識してもいいかもしれないですね。

 

ではでは。

vs先手四間飛車 後手木村高美濃

四間飛車 対 中飛車

 

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △5四歩 ▲6八飛 △5二飛
▲5八金左 △4二銀 ▲4八玉 △5三銀 ▲3八銀 △5五歩
▲7七角 △7二銀 ▲7八銀 △5四銀 ▲3九玉 △6四歩
▲9六歩 △6三銀上 ▲1六歩 △1四歩 ▲6七銀 △7二金
▲5六歩 △同 歩 ▲同 銀 △5五歩 ▲6七銀 △6一玉
▲5七歩 △7一玉 ▲7五歩 △4四角 ▲9五歩 △3三桂
▲4八金上 △5一金 ▲7六銀 △6二金上 ▲6五歩 △同 歩
▲同 銀 △6四歩 ▲5四銀 △同 銀 ▲7四歩 △同 歩
▲8六角 △7三金直 ▲6四角 △同 金 ▲同 飛 △6三金
▲6八飛 △6五歩 ▲9四歩 △同 歩 ▲8五銀 △9三銀
▲7七桂 △5六歩 ▲6五桂 △7七角成 ▲7四銀 △同 金
▲5三桂成 △同 飛 ▲6二金 △8二玉 ▲6四歩 △6七歩
▲9八飛 △8七馬 ▲6三歩成 △同 銀 ▲5六歩 △7二銀
▲6七金 △9八馬 ▲同 香 △6九飛 ▲4九銀 △6七飛成
▲4二角 △6二龍 ▲5三角成 △同 龍 ▲5一飛 △同 龍
▲9四香 △同 銀 ▲3八玉 △6七歩 ▲2六歩 △6八歩成
▲3六歩 △7三角 ▲3七桂 △4五桂打 ▲4六歩 △3七桂成
▲同 玉 △4五桂打 ▲4七玉 △9七飛 ▲5七桂 △同桂成
▲同 金 △6五桂 ▲4八銀 △5七桂成 ▲同 銀 △6七飛成
▲5五桂 △6九角 ▲3七玉 △5七龍 ▲2八玉 △2七金

 

120手目2七金打で先手投了となり勝利しました。

 

将棋盤

 0

 

後手番でも木村高美濃が通用することがわかりました!

これはめちゃくちゃ嬉しいですね。

 

これまで三間飛車相手には5六金の構えでしたが、

四間飛車相手には5六銀の構えでいきます。

 

41手目 6五歩と仕掛けてきました。ここからどうなるのか。

f:id:furibisya:20190703230506p:plain

中盤へ突入

盤面見るとわかるんですが、こちらの駒が綺麗に捌けてますよね。

これも木村高美濃の良いところです。

 

ここからの攻防は検討の価値ありですね。

 

本譜では先手6二金打でこっちがかなり指しやすくなりそのまま勝利。

 

中飛車四間飛車相手にするのが苦手な方は是非是非木村高美濃を使いましょう!

 

ではでは。

vs三間飛車(浮き飛車から居飛車模様)

先手中飛車 対 三間飛車 と思いきや・・・


▲5六歩 △3四歩 ▲5八飛 △3五歩 ▲3八銀 △3二飛
▲4六歩 △3四飛 ▲4七銀 △7四飛 ▲6八金 △8四歩
▲9六歩 △8五歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲7七金 △8二銀
▲6六金 △8四飛 ▲7五金 △8三飛 ▲5五歩 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲7八銀 △8八飛成 ▲7七銀 △8九龍
▲4八玉 △9九龍 ▲5四歩 △同 歩 ▲同 飛 △6二玉
▲8三歩 △5三歩 ▲8四飛

 

後手投了で終局となりました。

 

 

将棋盤

 0

 

あまり綺麗な棋譜ではないですが、面白い展開だったので掲載します。

 

10手目 後手7四飛。三間飛車で浮き飛車に構えてから居飛車模様へ。

こういう展開もあるんだなぁ。と発見になりました。

無理やり何とかしてくるパターンが多いですね。

 

21手目6六金 抑え込みに成功しました。完全に力戦模様です。

 

f:id:furibisya:20190702221806p:plain

抑え込み成功

 

23手目 先手5五歩 悪手でした。有利を取っていたのに・・・冷静に7七角で良かったですね。

 

 居飛車模様にするのは相手の駒が全然動いていないので、こちらがかなり手得になります。これは普通に指せますね。抑え込みも成功しているので文句なしです。

 

ではでは。

vs三間飛車(3筋最速交換型)中飛車 相振り飛車 木村高美濃

先手中飛車 対 後手三間飛車 の戦いです。

将棋クエスト 5分切れ で結果は時間切れで負けました・・・

 

▲5六歩 △3四歩 ▲5八飛 △3二飛 ▲3八銀 △3五歩
▲4六歩 △3六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲4七銀 △3四飛
▲3六歩 △2四歩 ▲3八金 △2五歩 ▲7六歩 △4二金
▲2二角成 △同 銀 ▲5五歩 △6二玉 ▲8八銀 △3三桂
▲7七銀 △7二金 ▲9六歩 △6四歩 ▲4九玉 △6三金
▲6八金 △6五歩 ▲5七金 △7四歩 ▲5六金 △7三桂
▲9五歩 △1四歩 ▲8六銀 △8四歩 ▲7七桂 △8五歩
▲同 桂 △同 桂 ▲同 銀 △7三桂 ▲8四銀 △8二銀
▲9四歩 △8三歩 ▲9三歩成 △8四歩 ▲8二と △9九香成
▲7五歩 △8五桂 ▲7四歩 △同 金 ▲8三角 △7三玉
▲7二角成 △6四玉 ▲6六歩 △7七桂成 ▲6五金 △同 金
▲同 歩 △7五玉
まで68手で後手の勝ち

 

将棋盤

 0

 

 

19手目自分から角交換にいきましたが焦らなくてよかったかな。

5五歩から角道を止めて基本形に組む展開でも充分ですね。

 

本譜では角交換後、木村高美濃に組み、左銀を8六に持っていき、7七への桂跳ねからそのまま端攻めを狙いますが、相手は困惑しているのか8筋からガンガン来ます。冷静に見ると結構めちゃくちゃですね。ただそれでも結局負けてるのでホント自分もまだまだです。

 

しっかり相手の手を咎め、歩、銀、香での端攻めが大成功と思いきや・・・

 

51手目9三歩成。もちろん悪手です。なんでこれを選択したんだろう。

f:id:furibisya:20190630220031p:plain

端攻め大成功のはずが・・・

 そこから悪手を連発し、玉を逃してしまい、時間切れで負けとなりました。

 

対局は負けとなりましたが、相手の手を見ますとやっぱり攻め方がわからなくなって荒らしに来る感じになってますよね。

こちらはシンプルに守りを固めて端攻めを行う、理想的な展開となっています。

戦型としては大成功です。

 

折角有利を取っても逆転してしまっているので、最低3手の読みをしっかり入れて指していかないといけないですね。

 

ではでは。

中飛車 相振り飛車 木村高美濃

中飛車はとても人気の高い戦法の一つで、

得意戦法として持っている方も多いと思います。

それは勝ちやすい、攻めやすい、形が好き(自分がそうw)などなど、様々な理由があるでしょう。

 

相手が居飛車で戦う対抗形は勝ちやすくて良いんだけど、相手も飛車を振ってくる相振り飛車(特に三間飛車)になった時が嫌で指さなくなったこともあったりなかったり。

 

中飛車穴熊とか左玉があるじゃんと思う方もいるでしょうが、正直な所、指しこなすのが難しかったりします。

 

自分もその一人で、中飛車での相振り飛車に絶望していた時期が長く続いていました。

 

振り飛車だと守勢になることが多いので、こっちから攻める展開になればいいのになぁと思っていた時、ある戦型をたまたま見つけて試してみた所、とても苦手だった三間飛車相手に、すごく指しやすくて勝ちやすく、やばい戦型を見つけてしまったと一人で感動していました。

 

この戦型を共有して、中飛車党の皆で成長させたい思いでこの記事を書きます。

なのでこの記事を見て指して欲しい&感想が欲しいですw

 

前置きが長くなりましたが、戦型名はこちらです。

中央制圧力戦相相振り飛車

小林健二九段が考案されたみたいです。電子書籍があります。

https://book.mynavi.jp/shogi/products/detail/id=68055

この戦型を使用して5戦5勝で勝率100%と書いてました。すごすぎます。

 

こんな形です。

f:id:furibisya:20190630174121p:plain

中央制圧力戦相振り飛車

 

簡単に言うと5筋位取り + 6六角 + 木村美濃 + そして最も特徴的なのが5六金

 

狙いは「端攻め」もしくは「抑え込み」。

 

画像は高美濃囲いですが、電子書籍では相手が金無双の場合や穴熊の場合も取り扱っています。

 

この戦型の良いところを挙げると

・方針が守りを固めて端攻めを狙うので分かりやすい

中飛車穴熊や左玉が有名なので、相手からすると未知の戦型となりやすく、自分の土俵で戦える事が非常に多い

・4七銀が3筋交換を防いでいる(一直線に3筋交換に来られた場合は防げません。)

 

逆に悪いところは

・中央制圧に駒を割いているので、玉周りが薄い

・マイナー戦型なので、情報が無く、基本的に自分で何とかするしかない。

動画はyoutubeのアゲアゲ将棋実況チャンネルさんで1つだけ有りました。

・勝率が100%だったにも関わらず、プロ棋士の対局では使われているのを見たことが無い。つまり、どうしようもない局面・対策があるのかもしれない。

 

当ブログではこの戦型をメインに取り扱おうと思っていますのでこの記事を先頭に置いています。

 

また、電子書籍では三間飛車のみを取り扱っていますので、四間飛車や向かい飛車(相中飛車は使えるか微妙かもです)相手の実戦譜も載せていきます。

まだ研究段階ですが、四間飛車相手の場合は5六銀型が良さそうです。

 

後、中央制圧力戦相振り飛車は長くて言いづらいので、この戦型を

「木村高美濃」と勝手に命名し、記事を書いていきます。

 

夢ではないですが、将棋ウォーズで木村高美濃のエフェクトが出る日が来ると良いなぁ。

 

ではでは。